長期投薬と在宅服薬指導〜ファーマシストサポート

長期投薬と在宅服薬指導

 詳細検索 
■ メインメニュー
基幹病院の処方箋が60日や90日の長期投薬が多いのは医療機能の分化の推進から大病院は入院医療に特化する為、外来患者数を減らそうとしているのです。

もっと病診連携が進んでくると外来は開業医様で診るようになってくるんですが!
また長期入院の是正や在院日数の短縮を推進しており、今までは一ヶ月位入院していたような病気でも、10日〜14日で退院や転院させられてしまいます。

転院できる療養型病床群やリハビリ病院があればいいんですが、(通算入院日数は180日以内)無い場合は在宅での療養になります。

2006年1月に厚労省は、療養病床の60%削減を発表いたしました。

近くの開業医の先生が往診で診察し、調剤薬局でお勤めの薬剤師様は在宅服薬指導に行く機会が多くなります。

これも開業医の先生とのチーム医療のひとつですね!

これから高齢化社会が訪れ、ますます薬剤師様が在宅で活躍される機会が多くなると思われます。

今後も在宅医療は診療報酬面での優遇?があると思われます。
今から在宅服薬指導でスキルアップしませんか?

ご興味がありましたら、ご連絡お待ちしております。



プリンタ出力用画面 友達に伝える


© 2005 薬剤師求人・紹介・開業ファーマシストーサポート/医師求人ドクターサポート